ミュージアムINFO

7月

     7月

第3回柏市美術会展

 


開 催:2021年7月1日(木)~同8日(木)
場 所:パレット柏・市民ギャラリー
主 催:柏市美術会
後 援:柏市、柏市教育委員会
入場料:無料
問い合わせ:090-7420-9509(事務局・香島ひで子さん)

柏市美術会公式WEBサイト

 

「七夕」にライアーの響き

 

 開催場所:流山市東深井432
 「 ギャラリー平左衛門」

ギャラリー平左衛門 公式サイト

2年ぶり、肌で感じるパワー
柏ゆかりの画家22人の作品一堂に

嘉納治五郎の像
――在住、在勤、出身といった柏市ゆかりの画家グループ「柏市美術会」(根本忠緒会長、会員23人)の作品展が同市の「パレット柏・市民ギャラリー」で7月1日から始まった。同美術会が再結成されてから3回目だが、昨年はコロナ禍で中止されたため、2年ぶりの開催。会場には油絵、水彩、アクリルの洋画を中心に多彩な作品が持ち寄られた。

 

写真上:2年ぶりとあってじっくり見て歩く入場者が少なくなかった

 

 

2018年を初回とする「第3回柏市美術会展」だが、実は2017年4月に「柏市美術会設立準備展」が同じ会場で開かれている。この時は予定会員18人による18作品の規模だった。以後、会員を発掘して毎年7月1日~同8日を定例開催日と決めて続けられている。

 

 

我孫子市の天神坂

 

写真上:かがみこんで作品をじっくり鑑賞する入場者もいた

 

 

今回は会員22人が参加し、10号から130号の大作までの28点がギャラリー四方のスペースに展示された。人物、静物、風景、抽象画……。所属する美術団体の違いもあるのか、個々の筆遣い、色彩がバラエティーに富む。会員だった故島田諭吉さんの遺作「祭り」も会場入り口脇で展示されていた。

 

 

写真上:10号の小品から130号の大作を楽しむ入場者

 

 

事務局の香島ひで子さんは「作品展を開催するまで正直、不安でした。去年はコロナで中止だったし、会議もできなかった。でも、皆さんが飾った作品を見て『力が入っているな』って肌で感じました」という。

 

 

香島ひで子作品

 

写真上:香島ひで子さんの「海風渡る」

 

 

参加者のほとんどは1回目から出品しているが、今回が初めてという松谷登さんはスペイン留学経験もあり、渡航先の風景を想い描いた「青霧」「ウルェニアの教会」の2作品を展示した。これまで外国の心象風景を描いてきたが「日本の風景と出合いたい」と、今はテーマを求め、足を使って捜しているという。

 

 

写真上:画家によって際立つ色遣いが印象的

 

 

根本会長は「会員個々の実績は申し分ない。会としての実績を積み重ねて会員を増やし、将来的には学校現場で子どもたちと絵を通じた交流も考えたい」と話した。

同会はホームページを立ち上げ、会の紹介や会員の募集要項を載せている。

 

 


写真上:第1回展から出品していた故島田諭吉さんの遺作「祭り」

 

 

 

写真上:初出品となった松谷登さんの「青霧」

 

 

 

写真上:神田みきさんの「AQUA」

 

 

 

写真上:村山和子さんの「トスカーナの風」

 

 

(文・写真 Tokikazu)

 

「七夕」にライアーの響き
築127年の蔵でミニ音楽会

――築127年の蔵で「ライアー」の澄んだ音色が響いた。流山市東深井の利根運河ほとりにある1894(明治27)年建造の蔵を利用した「ギャラリー平左衛門」で7月3日、ミニ音楽会があった。古代ギリシャの竪琴が原型という「ライアー」奏者2人がオルゴールのように心にしみる「七夕」のメロディーを奏でた。

 

利根運河周辺で芸術との交流を目指す市民グループ「カナルアーツ」が7月7日の「七夕」にちなんで開いた「織りなす音楽会」。利根運河を天の川に見立て、織姫と彦星のように奏者と聴衆の出会い、結びを演出した。

 


写真上:天井に梁、壁の材木が露出する会場で、静かな音色が響いた

 

吹き抜けの2階建ての天井に太い梁、壁に材木が露出する会場で30人を超える聴衆が集まった。主催者が手配した地元和菓子店の「笹の葉の生ふまんじゅう」と緑茶のもてなしを受けた。

 

出演者は奏者グループ「ライアーアンダンテ」の荒川喜美枝さん、戸張麻美さんの流山在住のお2人。柏のカルチャーセンターで「ライアー」を習う仲間だ。

 


写真上:演奏に集中する荒川喜美枝さん(左)、戸張麻美さん(右)

 

2人は「きらきら星」「たなばたさま」「ジュピター」など数曲をハーモニーで、時に輪唱のように演奏した。ささの葉さらさら のきばにゆれる……聴衆を生演奏の合唱にも誘った。

 

写真:吹き抜けの2階にも席が設けられた

 

 

 

流山でのお披露目は初めてというグーダドラムも紹介した。2013(平成25)年にウクライナで開発され、17(同29)年に日本に本格上陸したという直径35㌢のステンレス製円盤。切込みが入った部分を指ではじいたり、ばちでたたいたりすると八つの美しい音を出す。和太鼓奏者でもある荒川さんが演奏した。

 

聴衆をステージに招いてグーダドラムを体験してもらったり、横木に並べて吊るした金属棒を指でスライドしながら鳴らすツリーチャイムを弾いてもらったり。奏者と聴衆が融合する一幕もあり、なかなか楽しい音楽会だった。

 

写真:流山で初めて演奏するというグーダドラムを説明する荒川さん

 

 

 

 

 

 

 

驚いたことに、この2人、今回が初めての演奏会という。「ライアー」を始めて3年という荒川さんは「左利きなので、右手で主旋律を弾くのに苦労します」。今回の演奏は「蔵の中だけど、吹き抜けの天井に音が抜ける感じでよかったし、楽しかった」という。戸張さんは「ゆっくりした曲なので大丈夫だと思ったけど、逆に緊張しちゃいました」。2人とも「もう少しレパートリーを増やしたい」と意欲的だ。

 

「カナルアーツ」の小名木紀子さんは「ライアーもそうですが、グーダドラムという大変珍しい楽器の音色も提供いただき、心を静め、癒す力になりました。蔵の中での演奏が音響的にもよかった」と振り返った。

 


写真上:合掌造りの蔵が魅力的な音楽会の会場になった

 

蔵は利根運河の水運で財を成した山田平左衛門が名のある宮大工に頼んで造った。築110年以上も経った頃、傷みも激しいことから所有者の山田喜雄さん、恵美子夫妻は解体を考えた。

 

でも、もったいなので地域に使ってもらおうと改修し、2007年春にレンタル用「ギャラリー平左衛門」(Phone04-7153-9215)としてリニューアルオープンした。東側に竹林、南側に梅の古木や桜に囲まれ、季節感あふれる会場で絵画、写真、陶器などの展示に活用されている。

 


写真上:七夕飾りが掲げられた「ギャラリー平左衛門」の入り口

 

蓮連恵美子さんは「ご先祖様が造ったもの。竹林もあるので管理は大変だが『集いの場』として残しておきたい」と話していた。

 

写真:舞台もある竹林で一休み。きれいに手入れされていた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


写真上:会場脇で七夕飾りのワークショップも開かれ、ちびっ子らが短冊を作った

 

 

(文・写真 Tokikazu)